2016-04-28 22:51 | カテゴリ:アドベンチャーゲーム

PSPのミッシングパーツコンプリートをクリアーしました。

感想を書いてみます。



ネタバレ度は低いです。

なので、これからプレイしようと思っている人でも安心してください。

アマゾンレビューなんかよりは、よっぽどネタバレには気をつけて書くつもりです。




ボリュームがすごい

ミッシングパーツコンプリートはボリュームがすごいです。

全6ストーリーとおまけのストーリーが2つ。

1ストーリーあたり、公式のほうでは10時間と設定しているようです。


しかも後半のストーリーになると、1プレイだけで

最高評価を取るのはかなり厳しいです。

攻略サイトを使わないでプレイする人にとっては

何百時間も遊べるゲームとなっています。


ただこのミッシングパーツというアドベンチャーゲームをプレイする人はおそらく大人だと思います。

自分ももういい歳したおっさんです。

1ゲームに何百時間もかけて、攻略していられないです。


なので最高評価を求める人は、攻略サイトが必須になります。

攻略サイトを使っても、それなりのボリュームがあるので…。

ボリュームを求める人にはおすすめです。




2話が最高につまらない

このゲーム1話はやりはじめなので、新鮮な感じで楽しめます。

でも2話がかなりきついです。


1話自体が結構なマンネリ気味だったので

「また1話みたいな感じで似たり寄ったりなことをしないといけないのか」

という気分にさせてくれます。

しかも2話のストーリーが最高につまらないです。


自分はミッシングパーツの2話で3,4回寝落ちしました。

むしろ

「なんか眠くならないから、ミッシングパーツやるかぁ」

みたいな睡眠薬変わりになってくれました。


なので、ミッシングパーツは2話を乗り越えることができるかどうかが鍵になります。

2話の最中で投げる人が多そうです。

自分も2話がめんどくさくなって、プレイをやめようかと思いました。


1話2話とおそらくゲームオーバーはないと思うんですよ。

でも3話になって、急にゲームオーバーになって

ゲームオーバーがないと思ってプレイしていた自分は

「ほえっ!?」

となりました。

眠気が一気に吹き飛びました。

しかも3話はほぼ確実にゲームオーバーになるので安心してください。





シュタインズゲートやカノン系の天丼ネタが好きか?

自分はシュタインズゲートも、カノンみたいなゲームも嫌いなんです。

「似てないだろ!」

という人がいそうですが、この2つのゲームとあるところが似ています。


それが

天丼ネタ

です。


シュタインズゲートでは

「俺のことは○○とよべ!」

「大ちゃん」

みたいなやりとりがなんどもあってプレイをやめました。


カノンはプレイしたことがないんですが、おそらくアニメを見る限り

「うぐぅ」

とかなんどもあるかと思います。

たいやき食べたりするのがなんどもあるかと思います。


自分はそういうのが嫌いなんです。

そしてこのミッシングパーツはそういう天丼ネタが沢山あります。


むしろボリュームがあるのは、推理のところではなく

そういう天丼ネタのところがあります。

天丼ネタを許せる人なら、プレイできると思います。

天丼ネタを許せない人なら、おそらくボタン連打になるので結構苦痛になると思います。

自分はボタン連打しました。




イケメン主人公に好感を持てるか?安心のフォグゲー

フォグゲーといえば、身内にとても熱くなり

身内に対して、全力でぶつかる熱いイケメン主人公が基本です。

ふうらいき3は違うみたいですけど。

プレイしたことがないので…。


でも基本自分の中でフォグゲーは、そういう熱いイケメン主人公が基本だと思っています。

基本3枚目なんだけど、イケメンで熱いときは熱い。

だれとでも人見知りせずに話せるような男が主人公です。


おそらくこれは大丈夫だと思います。

自分もこういう主人公はあまり好きではないんですけど

フォグゲーの主人公はそういうところが突き破っていたりするので

むしろ新鮮に思ってプレイできるところがあると思います。




推理物アドベンチャーゲームとしては評価せざるを得ない作品

アドベンチャーゲームとして、ものすごくよくできているわけではないです。

でも、悪い作品でもないです。


普通な感じというか、でもそういう普通の感じが安心させてくれます。

そしてそういう普通の推理物アドベンチャーってなかなか作れないものです。


同じ時期に探偵・癸生川凌介事件譚 仮面幻影殺人事件という

DSのイマイチの推理アドベンチャーをプレイしました。

これはほんとプレイして時間を無駄にしたと思いましたからね。

フリーゲーム以下だと思いました。


その点もあってミッシングパーツコンプリートはすごく良いゲームに思えました。



ほんといろいろなアドベンチャーゲームをやって

ミッシングパーツコンプリートがよくできているというのがわかりますね。


自分的にはミッシングパーツコンプリートと銃声とダイヤモンドあたりが同等レベルだと思います。

どちらも秀作だと思っています。



薄くてひろーいアドベンチャーがやりたいのならミッシングパーツ。

濃くて狭いアドベンチャーがやりたいのなら銃声とダイヤモンド。

そんな感じです。




ミッシングパーツコンプリートの口コミ評判

ミッシングパーツの口コミはこちら。

【ミッシングパーツ口コミ】

ミッシングパーツコンプリート口コミ




【2016年4月現在のミッシングパーツの評判】

口コミ数⇒18件
平均評価⇒4.4点

★★★★★  | 11人
★★★★   |  5人
★★★    |  1人
★★     |  1人
★      |  0人




自分はやりはじめはイマイチだと思いましたけど。

最後までプレイして、少なくとも★3以上のゲームだと思います。

★1、★2評価の人は途中で投げたのかと思います。

自分も途中で投げようと思いましたけど

「最後までやれば報われる」

という評判を信じてプレイしました。


そして2話を超えたあたりから、少しずつおもしろくなりました。

勝負はストーリー2です。

これが最高につまらないです。

なんども寝落ちしました。

オンラインゲームならまだしも、家庭用ゲーム機で寝落ちとかすごいな!!


しかも1話あたり公式で10時間設定なので長いです。

2話を超えることができれば、報われると思います。

でも、超えることができない人が多そうです。


そして、ゲームって最後までプレイすれば

ボリュームのあるゲームはたいてい評価できたりしますからね。

そりゃ合計60時間もプレイすれば、それなりの評価にはなりますよねぇ。


攻略サイトをみなくても、一応のクリアーはぎりぎりできると思います。

3話はちょっと不親切なので、攻略サイトの手助けが必要になるかもしれません。

3話の謎は日本語がおかしいというか、説明がミスリードしている気がします。

だから、セーブ&ロードを繰り返してもゲームオーバーの連続かと。


でも3話を乗り切れれば、あとは攻略サイトの力を借りなくても一応のクリアーはできます。

最低評価になると思いますけどね。

とくに最後のストーリーは、攻略サイトをみないで最高評価を得るためには

100時間以上必要だと思いますけど。

今の時代そこまでする人は稀だと思います。

その点で、ミッシングパーツはちょっと狂っていると思います。

オリジナルは10年ぐらい前のゲームらしいししょうがないか。



2016-04-28 00:04 | カテゴリ:アドベンチャーゲーム
任天堂DSの

探偵・癸生川凌介事件譚 仮面幻影殺人事件

というアドベンチャーゲームをクリアーしました。



その感想を書きます。

ネタバレ100%になるので

「こんなゲーム、絶対プレイしないわ」

って人は読んでください。





警察が有能、探偵が無能というゲーム

このゲーム、ある意味すごかったです。


普通の推理アドベンチャーになると、容疑者が警察に捕まって

その容疑者が

「俺はやっていないんだ!探偵さん真犯人を探してくれ!」

ってなってゲームが進んでいくものです。


でもこのゲームのすごかったところは

容疑者がそのまま真犯人だったんです。


だからその容疑者が

「探偵さん真犯人を探してくれ」

って言ったのが嘘。

つまり警察はちゃんと仕事をしていて

プレイヤーは真犯人の嘘に騙されて真犯人探しをする

という感じになってしまうんです。


自分はさぁ、いっつもこういう推理系とかのゲームやアニメをみていて

「警察って無能だなぁ」

とか

「主人公いなかったら、迷宮入りじゃん」

とか思っていました。


でも、このゲームは

警察が有能、プレイヤーが操作する探偵が無能で冤罪の真犯人を探す

という点ですごかったです。





そもそもゲームにならない

でもさ、これってゲームにならないでしょ。

ゲームって、つかまった人がいて

「主人公さん助けてください!私は無実なんです!」

ってなって、真犯人がいるからゲームになるわけです。


もしつかまった人が

「主人公さん助けてください!私は無実なんです(本当は私がやったんだけどね!)」

となると、どうにもならないでしょ。


で、このゲームの操作キャラも、そういうことを言われて

「警察は無能で冤罪で捕まえるなんてとんでもないことだ!」

みたいになって、操作したりするんです。



いや、そうなるでしょ!

いや、そうならないとゲームにならないでしょ。


だって、

「主人公さん助けてください!私は無実なんです」

主人公「いや、お前が犯人で警察が正しいよ」

で終わったら、それで終わりだもん。


だからゲームにならないんです。

なんだこれ?


10代までならプレイして、心うたれるかもしれません。

でも、これは絶対プレイしたらいけないゲームです。


プレイしていて、最後までプレイして

最後に3DSをまっぷたつに折るかと思いました。


その真犯人というか、そのままの犯人の最後の言葉もびっくりでした。

「私、まだ未成年だから、また帰ってくるわー

もし帰ってきたら、この真相をゲームにしてだすってどうだろ?」

みたいなことをいうんです。


アホか。

今そのゲームをプレイして、3DSをまっぷたつにしようかと思っている俺がいるわ!!!!


なんか犯人がちょっと天才みたいな感じで扱われているんですけど。

ゴミだろ。

狂っているだろ。

地獄少女に恨みを晴らしてもらいたい気分です。

いや、自分が地獄に言っちゃうので、頼みませんけど。

1話しか地獄少女のアニメは見ていないけどな!!



そんな感じで

探偵・癸生川凌介事件譚 仮面幻影殺人事件

をプレイしての感想は

「タイムトラベラーズって神ゲーだったんだなぁ」

ということです。



探偵・癸生川凌介事件譚 仮面幻影殺人事件に高評価つけている人は

タイムトラベラーズをプレイしたらおもしろすぎて失神するレベルです。

タイムトラベラーズが面白かった人は、善人シボウデスをプレイすれば

おもしろすぎて失禁するレベルです。


やっぱり自分の中では善人シボウデスが一番いいと思います。

ゲームバランスといい、シナリオの気になる感じといい、真相といい、動機といい

どれもものすごいわけではありませんが、及第点だと思います。

善人シボウデスを評価していない人は、なんのアドベンチャーを評価しているのか気になるわ!!




2016-04-27 23:32 | カテゴリ:ゲームコラム

PS4を買ってもう半年ぐらいたつかな。

PS4

PS4

この半年の間に購入したソフトはNBA2k16の1本です。

あとはPSプラスのフリーゲームとかちょくちょくやりましたけど

いまだにPS4のよさがイマイチわかっていない感じです。


なので、もう新作ゲーム機がでても据え置きゲーム機は買わないと思います。

携帯ゲーム機なら買う可能性はありますけど。

もうスマホとかでているから、携帯ゲーム機は海外ではうれないでしょ。

その点で、もう携帯ゲーム機は作る気がないように見えますけどね。




時代に逆流する

ちょっと最近アドベンチャーゲームを中心にプレイしているので

そうなってくると据え置き機のアドベンチャーより

ベッドの中で、寝ながら携帯ゲーム機でアドベンチャーをやりたいんです。


だから最近は

・任天堂DS

・PSP


これらのゲームを購入したりしています。

PSPはダウンロード版ね。


PS4があるのに、そっちのゲームはやらず

3DSやvitaばかりいじっています。

まぁPS4はvitaで操作できますからね。

シビアな入力を必要としないアドベンチャーならPS4のほうでもできるんですけど。


PS4でアドベンチャーといったら、海外のリアルタイプのアドベンチャーになるからなぁ。

それが悪いってわけでもないんですけど。





結局PS4は必要だったのか?

PS4を買ったことで、PS3はまったくいじらなくなりましたね。

というかPS3のコントローラーはしまいました。

一応トルネが起動しているので、テレビリモコンでいじったりしますけど。


据え置き機ゲームをあまりやらない理由は

目が悪い

ってところがあると思います。


目がいいのなら、ベッドの中でPS4でもやればいいと思いますけど。

目が悪いのでめがねが必要なんです。

メガネをしながら、ねっころがって据え置き機ゲームは結構疲れるんです。


まぁそういう関係で、自分にとってはPS4ってあまり必要なかったように感じました。

買って失敗したとは思いませんけど。

ぐだぐだと

「買おうかな、どうしようかな」

なんて思うぐらいなら、さっさと買ってよかったと思います。


でも、やらんなぁ。

NBA2k16自体が結構がっかりというか、マンネリを感じるところがありましたね。

映像は確かに綺麗なんですけど。


自分はゲームに綺麗を求めているわけではないので。

そもそももう年齢がおっさんなんで、ゲームなんてやるわけねーだろ!

ばーかばーか!!

と自分を罵りたいです。

そりゃ10年前はゲームをそれなりにやっていましたけど。

もうおっさんとなった今ではあまりゲームしないわ。


アドベンチャーゲームをやっていても主人公とか

10代後半、歳をとっていても20代前半から中盤ぐらいなんだから

もうなんか駄目なんだわ。


でも、たしかどっかで30歳ぐらいの主人公のゲームがあったような…。

ねーか。