2017-10-23 23:27 | カテゴリ:アドベンチャーゲーム

ライフイズストレンジをクリアーしました。

結構具合が悪くなりました。



序盤は

「これ、神ゲーだわ」

なポテンシャルがあったんですけど。


終盤は

「これ、クソゲーだわ」

なポテンシャルを秘めていました。

そんな率直な感想を書いてみようと思います。




序盤は細かい1つ1つのことがおもしろい

序盤は写真にはっているものを調べたり

同じ寮に住んでいる人の、私物を調べたりするのも楽しかったんです。


でもこれ、ずっとそれが続くので

あるところから

「もうめんどくさいわ」

な感じになって、あまり調べなくなりました。


なので1日1時間と決めてプレイしたほうがいいと思います。

ただアドベンチャーというゲームなので

どうしても1シナリオ終わるまでやりたくなるんです。

そうなると、長くて長くて最終シナリオとかになると

「いつ終わるのよ?」

となかなかエンディングに行かないことにイライラしました。


結局やることは主人公を操作して、街を調べたり、人と話したりするだけだけなので…。

アメリカって本筋よりも、こういうなんていうの?

細かいアイテムのあれこれが好きだなぁ…

なんてことを思いますね。


子のために指切るやつとか

エイデンとかのやつね。

タイトルがでてこないとか、ついに俺もボケ(認知症)か。



結局本筋だけ語れば、10分もかからなさそうなストーリーなんですけど。

いろいろ細かいことをしないといけないので、それを好めるのか

それともめんどくさく思えるのか…。


友人に

「射撃の練習したいからビンを集めて」

とか言われて、ゴミ捨て場みたいなところをぐるぐる回って

空き瓶を探したのは

「ゲームでなにやってんだろ」

と思いました。


いや、リアル世界ではそんなこともちろんやりませんし。

なんでゲーム世界でそんな地味なことしないといけないんだか。

まぁゲームなんてクエストなんてほとんどはお使いのようなものですからね。





終盤のストーリーが大味になりすぎ

序盤は、まぁちゃんと細かくいろいろやっていくんですけど。

終盤になると、すっごい大雑把なの!

じぶんはそれがすごく嫌いなんです。


ゼロエスケープでもそうでしたけど。

「危機になれば過去にいける」

とかわかって、自分で自ら危機的状況を作って過去に行くとかやったらいけないと思うわけです。


用はマジックショーで、箱に剣をつきさすやつあるじゃないですか。

それを実際に剣でつきさして、中の人が命を落としたとしても

ドラゴンボールで復活させて

「はい!無事でしたー!!!」

っていうのは、やっぱりダメでしょ。


そりゃドラゴンボールって、復活させたりできるんですけど。

そういうのはマジックショーとしてはいけないでしょ。


違う例をだすと、また箱に剣をぶっさして

「ザオリク!」

でよみがえらせて

「はい!無事でしたー」

なんていうのはダメでしょ。


マジックというのは、種があるから許させるのであって

種がなくて、もっと別の裏技を使うというのは、アンフェアというかな。

なんか禁じ手だと思うんです。


このライフイズストレンジはそういう、なにかショックなことがあったら

「よし!思いっきり過去に行ってやれ!」

な感じで、それがちょっとアカンかったと思います。


序盤は短時間しか戻せれないんです。

でも終盤、急にすっごく昔に戻れる技を発見するんですが。

それはダメです。


用はフリーザ様とか超強いから。

「フリーザが赤ちゃんの頃に倒そうぜ」

な感じはやっぱり邪道でしょ。


ドラゴンボールのシェンロンは

「フリーザとか俺よりつえーから消すの無理」

な感じでしたけど。

それなら、フリーザの母親(ピッコロの卵生みタイプ??)とか倒せばいいじゃん。

でもそれはやっぱり禁じ手だと思うんです。



ライフイズストレンジの終盤は、そういう禁じ手を

めっちゃ使っていた点が、自分としては

「うーん」

な感じがあって、かなり冷めましたね。

大味になりすぎて、なんか終盤のあれこれが記憶から抜け落ちていますもん。


主人公は写真のコンテストみたいなもので、1番になったところで終了でよかったのでは?

いや、なんかその前後もどういう感じだったのか、記憶が曖昧なんですけど。

黒幕とかは、まぁよくある

「あっと言わせてやるぜ」

な感じでほんと海外はそれが好きだなぁ。



このDSのアドベンチャーのネタバレになりますけど。

これでは

「助けてください!警察から私が犯人だと疑われているんです!」

と主人公に助けを求めにくる人がいるんです。


で、その人がほんとうに犯人という

「警察超優秀じゃん」

な感じなオチなんですけど。


いや、でもゲームとしてはそういうのはなしだから。

主人公たちは、本当の犯人を捜したりするんですけど。

最終的に行き着いた先が

「警察がにらんだとおり、お前が犯人じゃん」

なオチなんですよ。

あ、このDSのゲームはクソゲーでした。


まぁそういう感じで日本人はまだそういう風にちょっと違った手法できますけど。

アメリカのドラマや映画やゲームのストーリーっていっつも

「え?こいつが黒幕だったの!?」

な感じをいっつもやってくるから、もう勘弁してほしいです。




俺はアメリカでは暮らせない

ただそれでもやっぱりよくできているんですよ。

海外ゲームクオリティな感じで、格好いい雰囲気というか

おしゃれな感じっていうの?


でも自分はねっからの日本人というか

そういうパーティーとか超苦手なタイプなわけ!!


巨人の星のアニメではゴーゴーだっけかな。

そういうダンス会場で、星ひゅうまや左門が踊ったりしていましたけど。

そういうのは無理なわけ!!!


だから、主人公の友人が音楽をかけて

自分のベッドの上で踊りだして

「ハイになってきたぜ~」

な感じだったんですけど。


なんかすっごく

「え…」

となりました。

そりゃゲームの主人公は女性ですから、スルーな感じだったんですけど。

もしその場に自分がいたら、超ドン引きして

なんかどうすればいいのかわからないから、えんえん泣いていたと思います。

そのぐらい、なんか怖い光景でした。


いや、だって19歳ぐらいかな。

まだ20歳にはなっていないのかな。

そのぐらいの年齢の人が、自分のベットの上で踊りだして

「ハイになってきた」

とか言っていたら、ほんとどうすればいいの?


そりゃ甥っ子がベットの上で

「ぼよーん!ぼよーん!!」

とか言って飛び跳ねていたら、怒るか笑うかするわけですけど。


19歳の友人が、いきなりベットの上で踊りだしたら。

なんか自分は金縛りにあうと思います。

だから自分は日本人でよかったと思いました。


アメリカ人はパーティーが好きすぎるでしょ。

なんだろ?

背伸びしたいのかな。


というかアメリカの若者って、楽しいとかではなく

「ハイになりたい」

みたいな感じっていうの?

なんだかんだで、あっちの国は薬に近いことが楽しいことな感じがあるのだと思います。


ピザ食って、口の周りにケチャップとかつけているでぶっちょとか

ほんといい感じだと思います。

だって、それか

「ハイになりたいぜ」

のどっちかでしょ…。


それなら自分はアメリカでは、ピザ食ってますよ。

いや、この感想やばくね?

自分でライフイズストレンジの感想書いていて

「俺、やばいかも」

と思ったので、なんか疲れているのかもしれません。


巨人の星の話を出している時点でちょっとやばいわ。

いや、北海道では夕方に今再放送しているんですよ。

巨人の星、おもしろいわ~。



2017-08-17 22:03 | カテゴリ:PS+

PSプラスのほうにライフイズストレンジがでてきたので

前から興味があったのでぷれいしてみました。



おもしろかったんですけど、まだクリアーしていないです。

なんかこれプレイしていて

「おもしろい」

って思っていたんですけど、途中から自分がすごく疲れちゃって止まっています。


序盤はよかったんですけど。

終盤はかなりイマイチな気がします。

まぁ自分の体力のなさもあるんですけど。

ゲーム自体のおもしろさが終盤はちょっと落ちた気がしますね。




体力がないとゲームは楽しめない

たぶん序盤楽しく感じたのは、自分に体力があったからだと思います。

ここ最近ゲームとかほとんどやっていなかったので。

体力があまっていたのだと思います。


でも、ライフイズストレンジをプレイしているうちにどんどん体力が減少して

結局クリアーまでいけませんでした。

できればPSプラスに加入しているうちにクリアーしたいんですけど。


体力回復&体力減少を考えると、またやりたいと思うのかどうか…。

あぁ、こういうブログもやっていて思いますけど

ゲームで体力が減少すれば、記事って書く気がなくなるというか

すっごくイライラするんですよね。


そんな感じで今日1日はずっと寝ていました。

体力を回復するために…。


おそらくライフイズストレンジはあと1日か2日でクリアーできると思うので。

体力がありあまったときにプレイしようと思います。

というか、シャワーあびているだけとか、キャベツ千切りにしているだけで体力が0になってしまってやばかったです。


おい!!

キャベツ千切りで体力が0ってやばいだろ!!


もう買い物に行く体力もなくて。

納豆買ってこないとな…。


まぁ外は雨が多かったので、ここ最近夜のジョギングもしていないので

やっぱりゲームをやると人生狂うわ。

若いときは気にしていないというか、ゲームがすべてでしたけど

大人になった今では、ゲームよりキャベツを千切りにするほうが大事でしょ。

いや、自分の1人分だけなんですけど。

キャベツ千切りにしているだけで、体力0がなるのはやばいよ!


というかライフイズストレンジって疲れないか?

無駄な寄り道ができすぎるというか。

ホームレスのおばさんとかに話しかけなければ

もっとサクサクすすんだりするんでしょうけど。


後は、やっぱりアメリカの若者ってどうかしているは。

なんかアメリカってやっていることが

「ハイになる」

ことの劣化版じゃないか?


たとえば、やばいのはいわゆる

「薬」

っていうものですけど。

それってよくハイになるとか言いますよね。


でもアメリカのやることって、そういうハイになることの薬の使わないバージョンっていうの?

クラブというかパーティーとかで、踊ったりしてハイになる感じっていうの?

そういうのがやばいと感じるわ。

そりゃー、犯罪というか、なんかイっている人が多いと思います。

自分は日本人でよかったです。


日本人はかわいいものでしょ。

タバコで悪ぶったり、カラオケで騒いだり。

アメリカはなんかやべーわ。


やりたいことが、楽しいとかではなく

「ハイになろうぜ」

みたいな感じじゃね?

それがちょっとアメリカってヤバイと思いました。


よくアメリカ人って日本人のことを童顔みたいなことをいいますけど。

アメリカ人がやべーよ!!

「ハイになりたい」

みたいな感じをガチでやっているのをどうにかしてほしいです。


日本人が

「ハイになりたい」

とか言っても、冗談みたいな感じですけど。

アメリカはガチだな…。


主人公の友達が、ベットの上で音楽聞いて踊りだしたのはちょっと引いたわ。

それで

「いいね。楽しくなってきた」

とか言っちゃうところがアメリカクオリティだわ。


自分の甥っ子も5歳ぐらいのとき、ベットで飛び跳ねていましたけど

「ぼよーん!ぼよーん!」

って言って。

そのせいで俺のベットのスプリングがちょっとやばいわ。