2018-10-09 23:17 | カテゴリ:

株という無理ゲーを始めたんですけど。

損が3万~5万のところを行き来しています。


まぁ3か月で損が3万~5万なら、1か月1万ちょっとで楽しませてもらっているともいえるんですが。

ストレスがひどいので、なんかわりにあわないような。

損しているわけですからね。



だから、株をやるのなら

「株で儲けてやる」

とか思うのはダメなのかと。


株っていうのは案外

「趣味で株をやります」

っていうほうがいい結果がでやすい気がします。


だから、儲けよう儲けようとすると。

どうしても悪い方向に行きますね…。


もっと気楽にお金をぶん投げるような気持ちでやれば成功しやすいような。

投資はメンタルが大事っていうのがなんとなくわかります。




株はやらないほうが勝てる

なんかゲームってやればやるほどうまくなりますけど。

株は放置しているほうが、いい結果が出やすい気がします。


それは、株をやっていると損が増えていくと

「もう我慢の限界!!」

と投げてしまうからです。

まぁ投げることで、お金を守ることができるんですが。

お金を減らすことにつながります。


なので、放置してお金が増えるまで待つ。

一か八かになるわけですが。

株ってそういうものです。


絶対にお金が増えるものがあるのなら、みんなそれをやりますよね。





株は勝てないかもしれない

もしかしたら、株をずっと続けても勝てないかもしれません。

どんどんと損が増えるかもしれません。


ただ、まぁ、もうそうなったらしょうがない。

自分にセンスがなかったということなんだと思います。


株っていうのは、そんなに難しいものでもなく。

ドコモとかそういう有名どころの株を買って、放置していれば

10年保持すれば、おそらく勝てるかと思います。


増えはしなくても、減ることも少ないような…。

ただやっぱり10年って長いのでありえない気がします。


だからブログとかでは

「配当がもらえる投資がいい」

みたいに言っている人がいますけど。


自分的には、そういう株の買い方はなんか続かないというか。

自分にとってはダメな気がします。



自分にとっては、やっぱり短期な気がします。

短期で勝負していかないと、だって増えないじゃん。


ドコモの株は10年持てば、おそらく負けないかと。

ただ1年も長いんだわ!

ドコモはおそらく1年持てば配当1万円ぐらいもらえるのかな。


30万ぐらいの株価で、1年持てば1万円もらえるわけで。

30万の株を買って、10年持てば10万円もらえるわけです。

で、株価が下がらなければ売れば30万も返ってくるわけですね。


でも、10年も待っていられない。

だから個人投資家は負けるのかと…。


負けたくないのなら長期で勝負すればいい。

でも、長期で勝負しても、増え方は遅いので…。

そういう点で株ってダメなんだと思います。


ぶっちゃけチャートとか必要ない気がします。

ただ高値掴みだけはしないように。

チャートを見て、底の確認だけはしておいたほうがいいかと。


まぁ底で買わなくてもいいと思うんだけど。

基本株っていうのは、底に再びくるものだと気づきましたね。


てっきり

「もうこんなに安くならないだろ」

と思って買ったりするんですが。

普通に前の底の株価まで下がったりするので…。

株って安くなるんだわ。

時期が悪いのかなぁ。




2018-09-29 17:15 | カテゴリ:

株というゲームをはじめて3か月ほどたちます。

3か月ほどやって、なんどもなんども

「こんな無理ゲーやらないほうがいい!」

って思いました。


勝てないからそう思うわけで。

株を続けている人っていうのは、勝っているといえます。


ゲームの世界もそうでしょ。

勝って勝って勝ちまくっているのなら

そのゲームに残っているはず。


でもなんどやっても負けてばかりなら

「こんなのもうやらねーよ!」

な感じでやめていくかと。


株も同じで。

勝っている人は残っているが。

負けた人は去っているわけで。


個人投資家の9割が負けているっていうのは正しいと思います。

用は9割は負けて

「もう株なんてやらねー」

な感じで去っているわけですね。




プロ野球を見てプロ野球選手になれなかった人を考えるか?

子供がプロ野球選手を見て

「僕もプロ野球選手になりたい!」

と思う子は多いと思います。


でもプロ野球選手を見て

「僕もプロ野球選手になれない人たちになるかも」

なんてことは思わないはず。


プロ野球選手になれた人は一握りで。

プロ野球選手になれなかった野球小僧は山ほどいるわけで。


でもプロ野球を見て

「僕もプロ野球選手になれない野球小僧になるかも」

なんてことは思わないわけです。



株も勝っている人たちは残っていますけど。

負けて、屍となって去っている人もいるわけで。

それを考えることができないときついように感じます。


どうしても株をやるときは

「儲けてやる!」

と思っていて。

そういう屍になっていることを考えないものなので…。


日本人は貯金好きなんて言われていますけど。

それは正しいと思います。


少なくとも貯金なら、株を購入して屍となることはないというか。

負けて帰ってくることはないです。


「なぜ日本人は投資をしないのか」

なんていう人は、今の日本株の市場を知らない人かと…。


プロ集団が、個人投資家のカモを狙っているわけで。

そんなところに

「なぜ投資をしないのか?」

なんていうのは滑稽かと。


勝ち組が

「なぜ投資をしないのか?」

なんていうのは、プロ野球選手が

「なぜプロ野球選手にならないの?」

なんてことを言っているのとあまり変わりがないかと…。


株っていうのはゲームなわけで。

向き不向きはあるかと。

そして残っている人は勝っているから残っているということは頭に入れておいたほうがいい。


株に負けた人は、株の市場には残っていないわけで。

そういう人の数のほうが圧倒的に多いってわけ。


別に投資をやらないほうがいいってわけではなく。

初心者は少なからず、負けるかと…。


そりゃそうでしょ。

野球の初心者が、いきなりプロ野球選手と対戦して

勝てる可能性のほうが低いわけです。


ただ株っていうのはラッキーによっては勝てたりしますけど。

実力がないと、長く続けているといつか痛い目を見るかと…。


だから、なんていうか…。

昔からやっている人が有利っていうか。

ゲームだってそうでしょ。


昔からファミコンをしていた人のほうが。

まったくのゲームの初心者よりはBダッシュとか、Aジャンプとかわかっているでしょ。

結局そういうものだわ…。


株はゲームだけど。

ゲームだからこそ、初心者には最初のうちはきつくて

「こんなの無理」

って感じで負けて去っていくのかと。


個人投資家の9割が負けているっていうのは。

そういう感じで9割がいなくなっていると思っていいと思います。

いや8割ぐらいかな。


9割の負け組のうち1割ぐらいは

負けているのにしぶとく続けている人もいる気がします。

負けても負けても、市場から去らない人もいるわけです。


じゃないと、パチンコとか競馬とかおかしいでしょ。

負けているのに続けている人も絶対いるはず。




2018-09-05 01:07 | カテゴリ:

TVゲームってやればやるほどうまくなっていきますけど。

株は、なにもしないほうがうまくいくことが多いです。


まぁ結局株っていうのは、購入してあとはどうなるのか待つゲームなので。

結局競馬みたいなものと変わらないのかも…。


結局未来がどうなるのかなんてわからないので。





株を手放す時期はこちらで決めれる

ただ、株っていうのは購入するときと、手放すとき。

これはこちらに選択権があります。


なので、少しでも安いときに購入して。

少しでも高いときに売ればいいわけですね。

どちらも待つのが大事になるわけで…。


でも、待っているうちに、買おうと思っていた株が高くなったり

売ろうと思っていた株が、どんどん損が膨らんだりするので。

そこらへんの判断の勝負になります。


ただ、どんなに損が膨らんでも。

その企業が倒産などしなければ、いつかは株価ももどってくるのでは?

まぁ生きているうちに株価が戻ってくるのかは謎ですけど。

基本9割の株は、下がっても再び上がってくる…。

そんなことが言われていたりしますね。





株は我慢のゲーム

ゲームなんていうのは、とにかくいろいろやったものが有利になるんですが。

株はあまり動かず、じっとしているほうがいい成績がでやすいものなわけで…。



マリオとかは、ジャンプでクリボーを踏んづけますけど。

株というのは、クリボーが近づいてくるぎりぎりまで待つようなゲームなわけで…。

その忍耐があるのかどうかが勝負になるのかも。

なので株って、基本やることがないというか。


いろいろできるんですけど。

【やらないもの勝ち】

なんです。


だから、日本人は貯金好きって言われていますけど。

それも株をやらずに、資金をためている時点で勝ちなのかも…。

やっぱり株ってお金が減りますよ。


だから、株をやっていない人も。

株で損をした人からみたら、勝ちなんだよなぁ。